無料
エロ
動画

Girlz-Story 放課後の女の子たち |

美少女、女の子たちの限界ギリギリ体験談を大公開

高校の時彼女とアパートで初体験(女子高生とのエロい体験談)

2013.06.29 Sat

21:47:51


高校の時のことです。僕は彼女といい仲になり、帰宅する時は、いつも彼女と一緒でした。
僕は彼女といちゃいちゃしたいと思っていたのですが、学校は校則が厳しく、男子と女子が手をつないで歩いているだけでも注意されるほどでした。
だから、彼女といちゃいちゃするには学校の外しかなかったのです。

僕の親は、ちょっとした財産を祖父から受け継いでいて、小さいアパートを持っていました。
アパートの一室が空き部屋になっていることを知っていたので、僕は家から鍵を持ち出して、その部屋で彼女と二人っきりになることを計画しました。

それでも簡単なことではありませんでした。
まず、鍵は、親が常に金庫に保管しており、親がいないときに、そっと持ち出さなければならなかったのです。
さらにアパートの住民に僕が彼女と来ていることを見られてしまうと、親に告げ口するかもしれません。

そのため、僕は、綿密な計画を立てました。
まず、どの時間帯にアパートに行けば住民に合わなくてすむのかを調べました。
アパートには、夜仕事をしているお姉さんもいて、昼間なら誰にも会わないというわけではなかったのです。
毎週アパートの前を通るようにして、例のお姉さんが水曜日ならばいないことを突き止めました。

そして、水曜日。それも期末試験が終わり、午前中で帰れるときに、僕は彼女と一緒にアパートの空き部屋に忍び込むことに成功したのです。

誰にも気づかれることのない、彼女と二人だけの密室
その場にいるというだけで、僕はいやでも興奮してしまいました。
少しホコリっぽかったのですが、そんなことは全く気になりませんでした。

入るなり畳の部屋で僕は彼女と抱き合いました。
僕のあそこはアパートに入る時点ですでに硬くなっていたので、彼女と抱き合うと、彼女のあそこにべったりとくっつくほどでした。

まずはディープキスをしながら、舌を絡ませては、二人してよだれをだらりとこぼしてしまいました。
次に、畳に座り込むと、僕の膝の上に彼女を乗せ、正常位に近い格好で抱き合いました。
僕のあそこは、がちがちになっていて、彼女が僕の腰に足でしがみつくようにして跨ったので僕のあそこと彼女のあそこが触れ合う格好になっていました。

このままでは我慢できなくなり、彼女から

「パンつ脱いでいい?」

と質問してきたので、僕はうなずき、

「僕もズボンとパンツ脱ぐよ。」

と答えました。

そして、僕はズボンとパンツを脱いで、彼女もパンツとスカートを脱ぎました。
僕としては、スカートは穿いていてほしかったのですが、上はセーラー服を着ているのに下は丸出しという姿に非常に興奮したものです。

「コンドーム持っている?」

と彼女が聞いてきたのですが、僕はそんなものは用意していませんでした。すると、彼女はどこから持ってきたのか、コンドームをかばんから取り出したのです。

そして、僕のあそこの前にしゃがむと、僕のあそこにはめようとしたのですが、大きくなりすぎていてうまくはめられないようでした。

「ちょっと力抜いて」

と彼女は言うのですが、それは無理な話です。彼女が僕のあそこを触るだけで十分に刺激されてしまうのですから。

「一度抜くしかない。」

僕はそういい、彼女の手を掴んで、僕のあそこを握らせると、上下に振るように頼みました。
彼女のしぐさはぎこちなく、振り方もゆるかったのですが、彼女の指の感触を感じるだけで、興奮を覚えたものです。

続く



by本当にあったちょいエロい体験談集より




高校時代、優等生の私は学校の女子トイレでセックスオナニー三昧でした

実は、私は高校のとき、学校で彼氏とセックスをしてしまったことがあります。

私は、周りからは、優等生の女子生徒と見られていました。確かに成績もよく生活態度にも乱れがなく、大学も推薦で合格してしまいましたから、誰が見ても優等生に見えたのでしょう。

そんな私が学校で彼氏とセックスをしているなんて誰が想像したでしょう。

彼はごく普通の男子生徒でした。私と比べれば見劣りする男子生徒で、私の彼氏だなんて学校の友達も先生も、知らなかったと思います。

でも学校の外では、彼氏と何度もデートをしていました。

いつかは彼氏とやりたいと思っていたのですが、ラブホテルに二人ではいる勇気もなく、キス以上の関係にはなりませんでした。

せめて二人っきりになれる場所があれば・・・

学校で二人っきりになれる場所はどこか?

とっさに思いついたのがトイレでした。学校の女子トイレは改修されたばかりで奇麗だったので、周りに人がいない隙を狙って、女子トイレに彼氏と入りました。

そして、個室に二人っきりでこもると、キスばかりでなく、セックスも最後までやってしまいました。セックスしている間、女子が何度か入ってきて、私は必死であえぎ声をこらえていました。

大股を開いて彼氏のあれでつつかれて二度も昇天しました。

セックスは一度っきりでした。見つかるのが怖くて、二度はやれませんでした。

だけど彼氏とセックスしたトイレの個室に入るたびに、あのときのことを思い出して、オナニーしたことが何度もありました。

今でも女子トイレと聞くだけで、あそこがむずむずしてオナニーしたくなってしまいます。



大学に入ってから何人かの友達にこの話を打ち明けました。

すると、私も学校のトイレでセックスしたことがあるとかオナニーしたことがあるという女の子が何人もいたのでびっくりしました。

もしも、学校の女子トイレを盗撮したらすごいものが見られるのかもしれませんね。





TMPフリーパス

オススメ情報

高校の図書館で彼女と(女子高生とのエロい体験談)

2013.06.26 Wed

21:56:23


僕が通っていた高校は、図書館の蔵書がものすごいことが有名であった。
図書館だけで二階分もあり、本棚の隙間も人が二人くらい通るのがやっとである。奥までいくと、まるで本の森の中に迷い込んだような神秘的な気分になる。
本棚が大量に並んでいるため、鬼ごっこなどもできそうなほどである。もっとも小学生ではないので、そんなことはしなかったが。

部活に入っていない僕は、放課後はいつもその図書館に入り浸るようになった。

最初は、単純に蔵書の多さに圧倒されて、卒業するまでに片っ端から貪欲に読んでいこうとだけ思っていたのであるが、次第に周りのことも見えてきた。

特にいつも見かける生徒とは別のクラスでも顔見知りになった。中でも目に付いたのが、同級生の女子である。

その女子とはクラスが一緒になったことは一度もないのであるが、クリクリした丸い瞳が印象的な美少女であった。
彼女はいつも一人で図書館にこもって、読み物をしているか書き物をしていた。

美少女であるから、もう彼氏とかはいるのかなと思いつつ、できれば、彼女と仲良くなりたいと思っていた。
ところが、彼女には彼氏らしき人はいないようで、僕は思い切って、彼女にアタックしてみることにした。

彼女と同じ読み物を探しているので「どこにあるのか教えてほしい」と聞くことから始めた。彼女は、突然、話しかけられてびっくりしたようであるが、ぎこちないながらも快く教えてくれた。

それ以降、僕は彼女と徐々に親しくなっていき、放課後は、毎日、彼女とデートしては帰りも一緒という関係になっていった。

あるとき、図書館の奥に二人で行った。
その辺りはあまり人がいないので、本棚の間に入ってしまえば、二人だけの密室みたいなものである。

そうした雰囲気を彼女も感じ取ったらしく、思わず、彼女と抱き合ってしまった。
いったん抱き合うと彼女は清楚な容姿とは裏腹に大胆で積極的だった。
軽くキスをしたつもりが、舌までからませて、ディープキス。
さらに、彼女のスカートをたくし上げて、手マンすると、彼女もかすかなうめき声をもらして悶えていた。
彼女も僕のあそこをぎゅっと握ってきて、僕と同じようなやり方で揉みだすものだからますます興奮した。

しかし、それ以上踏み込むことはしなかった。人が少ないとは言え、完全な密室ではない。

司書が僕たちの仲を疑っていて監視している節があったのを知っていたので、足音がした時にとっさに離れて、本を探す振りをした。
幸いにして司書ではなく、他の生徒であったが、こんな現場を見られたら清楚な彼女のイメージを傷つけてしまうところであった。

図書館であと一歩のところまで及んだのはこのときが最初で最後であった。



by本当にあったちょいエロい体験談集より





制服が似合う清楚で真面目そうな女子校生と交際することになった

よく晴れた日の夕方のことです。私は一休みするために公園に立ち寄りました。晴れた日とは言え、薄暗くなりつつある公園には人はあまりいませんでした。
私がベンチに腰掛けて一服していると、男子校生と女子校生のカップルが私の座っている隣のベンチに腰掛けました。
二人ともお互いに見つめ合って私のことは気付いていない様子です。
ちらりと見ると、女子校生は整った顔立ちでとても可愛らしい感じの女の子でした。どちらかというと清楚な感じの子で、制服も校則どおりに着こなし、真面目そうな女の子です。そんな子でも彼氏とやることはやるんですね。

人気の少ない公園でいちゃつくのかなと半ば興奮しながら見守っていたのですが、そうではない様子。女の子から迫って一度はキスしたものの、それっきりで進展はありません。それどころか、話を聞いていると、男子校生が女の子に別れ話を切り出している様子です。

泣き出しそうな顔の女の子に構わず、男子校生は立ち上がって去ってしまいました。ベンチに座ったまま、うつむいていた女の子はしまいには嗚咽を漏らして泣いてしまいました。涙がポトポトとこぼれている様子が夕闇の中でもくっきりと分かりました。

周りには声を掛けてくれそうな人は誰もいません。私しか。
女の子をそのまま放置して去るのは気が引けて、私は、女の子に声をかけました。

女の子が涙で濡れた顔を上げたとき、とっても可愛らしく、私のタイプの女の子だと改めて思いました。こんなかわいい女の子を捨てるなんて勿体無いことだよなと思いました。

見知らぬ男。年の離れた男の私が声をかけたのに女の子は怖がるどころか、いろいろなことを打ち明けてくれました。私も久しぶりに10代の女の子と話し込んでとってもときめきました。

あたりがまるっきり夕闇につつまれて、私は、女の子に帰るように促しましたが、女の子は家に帰りたくないというのです。

話を聞くと、今夜は両親が海外に出かけているため一人で留守番をしなければならないのだそうです。そこで、先ほどの彼氏と一緒に過ごそうと思ったけど、別れ話になってしまったのだとか。

その代わり、私に一晩一緒にいてほしい。と言い出すのです。

どこで過ごしたいかと聞くと、彼女は即座に、ラブホテルと答えました。

ラブホテルにいくということが何を意味しているのか分かっているかなと聞くと、彼女はHなことをするってことです。と恥ずかしがりながらもはっきり答えました。

私は困惑しながらも、性欲を抑えることができませんでした。私は彼女を連れて、ラブホテルへ向かいました。

最近の女子校生は、清楚で真面目そうな女の子でも大胆なんですね。



ラブホテルで清楚で真面目そうな女の子と二人っきりになってからしたことは・・・



TMPフリーパス

女子高生にフェラチオしてもらった(女子高生とのエロい体験談)

2013.06.25 Tue

20:54:53



どういう経緯で知り合ったかについては、詳細を明かすことはできない。
女子高生と付き合うことになった。それも一人でなくて、一度に何人もの女子高生と付き合うことになった。
黒髪の清楚な女子高生もいたし、金髪のギャル系の女子高生とも付き合った。
さすが、ぴちぴちの女子高生であるだけあって、彼女たちはみんなかわいい。

私は彼女たちから見ればおじさんであるから、街中で彼女たちといちゃいちゃするわけにはいかない。
そこで私の部屋につれてきて、彼女たちと大人の遊びを楽しむのである。

いまどきの女子高生は、とにかくエロい。大人並にあっちのテクニックを心得ている。
特にフェラチオのテクニックといったら、「いったいどこでそんなテクニックを学んだのだ?」と説教したくなるほどだ。

「学校でフェラチオのやり方習うの?」
と冗談で聞いてみたところ、お友達と、大人のおもちゃでフェラチオのやり方を研究しているんだとか。
休み時間になると、女子トイレに集まって、チン棒を咥えあっているんだとか。

「それだけ練習していれば、同級生の男の子に試してみたことあるの?」

と聞いてみたところ、

「試したいけど・・・」

と顔を赤らめちゃうあたりは、やっぱり10代の初心な女の子だね。

じゃあ、おじさんと実践練習してみようか。

私がしゃがんでいる女子高生の前に立つと、女子高生は、私のパンツを下ろしにかかった。
私のチンポの目の前にかわいい女子高生の顔がある。
その事実だけで、私のものはビンビンに起った。

女子高生が私のパンツを下ろしにかかった時、私のチンポがビュンと伸びて、女子高生のほっぺたをぺシャリとたたいた。

「すごい大きい・・・」
そうつぶやきながら、女子高生はその細い指で私のチンポを掴んだ。
右手で掴んだが、チンポの先が突き出ている。
女子高生は、私のチンポをまじまじと見つめながら、まずは、舌の先でぺろりと亀頭をなめた。
子犬がぺろりとなめるようななめ方で一瞬ぴくっと反応してしまった。

次には、そっと口にくわえたと思うと、口の中で私の亀頭を嘗め回す。
私のチンポも女子高生の刺激と同時に徐々に大きくなっていく。
「気持ちいいですか・・・」
と女子高生が私のチンポを加えたまま、見上げてくる。

もちろん、私は、女子高生の目線に対してなんらの反応もしない。それが却って、女子高生を煽り立てるのか、ますます、私のチンポを深く咥えたかと思うと、私になんとしても射精させようとして、バキュームのように私のチンポを吸い込み始めた。

快感・・・

私は、図らずして、女子高生のフェラチオの刺激に我慢できずに、発射してしまった。

女子高生はきっと吐き出すだろうと思った。

ところが、私が発射したにもかかわらず、女子高生は、私のチンポから離さずに、最後の一滴まで全部飲み込んでしまったばかりか、さらに嘗め回し続けているのだ。

そのため、一度ばかりでなく、二度も三度も発射してしまった。

それでも、女子高生は嫌な顔もしないし、泣いたりもしないで、まるで、私のチンポをお掃除するかのように嘗め回し続けていたのである。

終わった後は、女子高生らしい笑顔で、

「おいしかった。」

だって。



by本当にあったちょいエロい体験談集より





高校時代、優等生の私は学校の女子トイレでセックスオナニー三昧でした

実は、私は高校のとき、学校で彼氏とセックスをしてしまったことがあります。

私は、周りからは、優等生の女子生徒と見られていました。確かに成績もよく生活態度にも乱れがなく、大学も推薦で合格してしまいましたから、誰が見ても優等生に見えたのでしょう。

そんな私が学校で彼氏とセックスをしているなんて誰が想像したでしょう。

彼はごく普通の男子生徒でした。私と比べれば見劣りする男子生徒で、私の彼氏だなんて学校の友達も先生も、知らなかったと思います。

でも学校の外では、彼氏と何度もデートをしていました。

いつかは彼氏とやりたいと思っていたのですが、ラブホテルに二人ではいる勇気もなく、キス以上の関係にはなりませんでした。

せめて二人っきりになれる場所があれば・・・

学校で二人っきりになれる場所はどこか?

とっさに思いついたのがトイレでした。学校の女子トイレは改修されたばかりで奇麗だったので、周りに人がいない隙を狙って、女子トイレに彼氏と入りました。

そして、個室に二人っきりでこもると、キスばかりでなく、セックスも最後までやってしまいました。セックスしている間、女子が何度か入ってきて、私は必死であえぎ声をこらえていました。

大股を開いて彼氏のあれでつつかれて二度も昇天しました。

セックスは一度っきりでした。見つかるのが怖くて、二度はやれませんでした。

だけど彼氏とセックスしたトイレの個室に入るたびに、あのときのことを思い出して、オナニーしたことが何度もありました。

今でも女子トイレと聞くだけで、あそこがむずむずしてオナニーしたくなってしまいます。



大学に入ってから何人かの友達にこの話を打ち明けました。

すると、私も学校のトイレでセックスしたことがあるとかオナニーしたことがあるという女の子が何人もいたのでびっくりしました。

もしも、学校の女子トイレを盗撮したらすごいものが見られるのかもしれませんね。





TMPフリーパス

close